Education Prime 留学カウンセラー日記 edprime2.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0180853_05073858.jpg
皆様こんにちは!

以前Via鉄道のお得情報をご紹介致しましたが、
今年 カナダは建国150周年記念!!ということで、カナダ観光局ウェブサイト(日本語)も特設ページを設置してかなり力を入れておりますので、ご旅行でも留学でも是非今年はカナダにご注目くださいね!!

そして、7月1日のカナダ・デーがいよいよ近づいておりますので、今回はお得情報などをいくつかご紹介したいと思います164.png177.png

1.国立公園の無料パス発行中!(2017年中)
c0180853_04481461.jpg
Parks Canadaでは、今年いっぱい国立公園に無料で入れるディスカバリーパスを発行しています!

ディスカバリーパスのページからオーダー(無料)すれば、自宅まで送ってもらえます。
または、こちらの一欄 にある場所に行ってももらえるそうです。

ちなみにこちらのパスですが、実は事前に取得しておかなくても現地でもらえるということなのです119.png
しかし、公式ページには「このパスがあれば無料」となっているので、念のため事前に取得されることをお勧めします!

なお、無料になるのはここから探せる国立公園のみなので、行く前にチェックしておいてくださいね!

2. カナダ・デー当日はイベント多数!

カナダ・デー当日(7月1日)は本当に数え切れないほどのイベントが行われますので、
一部だけご紹介致します。
詳しくはそれぞれのリンクをご参照ください!

171.pngトロント市役所前のNathan Philips Square
c0180853_04461307.png
6月30日から7月3日までずっとお祝いイベント+期間中は毎晩花火が見られます!!
その他の会場 でも市主催の無料のコンサートなどが多数開催されます

7月1日から3日まで、ハーバーフロントのHTO Parkで開催されます。今年は150周年を記念して、なぜか世界最大のゴムアヒルと写真を撮ることもできますよ!(これにオンタリオの州予算が使われたと問題になっていましたが・・・笑)
c0180853_04274146.jpg
Photo by https://www.thebigduck.us/

7月1日は入館料無料、ライブイベントなども開催されます!

この他、Toronto, Woodbine Park, Harbourfront Centre, Queen's Parkなどでもイベントがあります!
ご自宅の近くに公園などがある場合はイベントが開催されるかもしれないので、
"公園の名前+Canada 150"などで検索してみてくださいね!

3. ワンダーランドでのイベント(7月中)

サーカスからフリースタイルスキーまで、なんでもござれのイベントが開催されます!
開催期間がそれぞれ異なりますので、ウェブサイトをご参照くださいね。

4.その他

TIFF Bell Lightboxではカナダの映画を年末まで無料上映しています!左記のリンクから観てみたい映画のスケジュールをご確認ください。

また、あの高級ホテルリッツ・カールトン でも今年いっぱい使えるスペシャルパッケージをご用意しています!


以上、カナダ建国150周年記念の無料イベントやお得情報を少しだけご紹介しました!

この他、皆様のお気に入りのショップやレストランでもきっと建国150周年記念の限定品やスペシャルメニューなどが用意されていると思いますので、7月1日以降も是非チェックしてみてくださいね!!

by Kanako


c0180853_05391828.jpg






[PR]
by educationprime2 | 2017-06-29 04:53 | +トロントイベント情報
みなさんこんにちは!

いよいよPride Parade6月25日に迫っています!!
c0180853_07073674.jpg
Photo by blogTO

Pride Paradeとは、毎年行われている性的マイノリティであるLGBTQのPride(自分達の性に自信を持つこと)を祝うパレードのことです。

トロントでは同性の婚姻も認められていることから、性的マイノリティの方々に優しい街として世界的にも知られていますが、それでもここに至るまでに長い歴史がありました。

そして今年のパレードはいつもと異なります。それは、「制服を来た警察官の姿が無いこと」です。

<なぜ今年は制服の警官がパレードにいないのか?>

昨年のプライド・パレードにおいて、Black Lives Matterという、黒人に対する暴力や差別を無くそうとしている団体による抗議があり、これを発端として最終的にPride側が2017年度のパレードから警察官の参加を禁止することに同意したためです。

トロントのPrideは既に広く一般的な行事になってしまっていたため、一般の人からは警察のパレードへの参加禁止について、「Black Lives MatterとPrideは関係無い」や、「LTBTQに属する警察の人が可哀想」などといった意見もあったようですが、LGBTQ社会の中では好意的な意見が大半であったようです。

これは、トロントにおいてPrideが盛り上がりを見せるようになったきかっけが1980年代の警察による弾圧であったことを考えると、全く不思議なことではないことがわかります。

そもそも警察が制服を着て一緒にパレードに笑顔で参加していること自体に疑問を抱いていた参加者も多かったはずです。

そこにきて、現在もまだ頻繁に警察による差別的扱いを受けている黒人社会と自分達を重ね、制服警官が少数派である自分達の近くにいるということの不快さを思い出すのは当然です。

確かに実際にLGBTQに属している警察の方でまじめに仕事をしている方にとっては、パレードに参加できないことは残念なことだと思いますし、警察の人が全て差別的だと誤解するのはいけません。

しかし、制服を着た警官というのが弾圧の象徴となってしまうのは仕方のないことなのです。

そして、現在も差別を受けているマイノリティがいるのに、Pride側がこれを単純に無視できるわけがありません。

<マイノリティや差別を考える良い機会に>

単純に「現地のお祭り」ということで楽しむのももちろん良いとは思いますが、折角なのでイベントの意義を考える機会とするのも、海外留学の醍醐味だと思います。

日本の現状はどうでしょうか?「文化が違う」「法律が違う」で片付けてしまって良い問題でしょうか?
また、北米と全く違う形ですが、日本にも人種差別問題はありますね。あまり話題にもなりませんが、大丈夫なのでしょうか?

こうした問題以外にも、カナダではよく話題になっても日本のメディアでは絶対に取り上げられない、というものは沢山あります。

政治問題はデリケートなので人と話すのは難しいかもしれませんが、調べ物をする感覚で英語の記事を読むと語彙力も上がりますので、是非沢山の記事を読んで、現地で起きている問題や話題などについても考えてみましょう!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
by educationprime2 | 2017-06-22 07:09 | +トロントイベント情報
音楽とアート(含、ゲーム!)の祭典、NXNE(North by Northeast)をご紹介します!

期間は6月16日〜25日で、3部に分かれており、それぞれチケットが違います。
それぞれの情報は以下のリンクをご覧ください!

6月16日〜18日:Game Land(3日間のゲームイベント)※チケット不要ですが、対戦イベントに参加されるかたは登録が必要
6月19日〜22日:Club Land(キュレーターチョイスのインディーズバンドライブ)
6月23日〜25日:Port Lands(メイン会場でのライブイベント)

<Game Land>
会場:Yonge&Dundas Square
c0180853_06273859.jpg
こちらはフリーイベントです!ゲーム好きの方は地元のゲーマーに出会うチャンスです106.png
ダンダススクエアですので、気軽に見に行けますね169.png

なお、Super Smash BrosとStreet Fighter V のトーナメント戦は一般の方も参加できるそうですが、登録が必要です。
参加希望の方はGame Landのページ内、"Registration"からご登録ください($10かかるようです)。

<Club Land>
会場:複数あり
c0180853_06565452.png
Club Landでは10組のキュレーターが自身やイチオシのインディーズバンド/アーティストを集めて各会場でライブを行います。
リストバンド($20)をClub Landのチケット販売ページから購入すれば10のショー全てを出入り自由で観ることができます!

2016年にメイン会場であるPort Landsが導入される以前、NXNEはこの方式のみでした。
色々なライブハウスやステージのあるバーなどに行くことができるので、ガイドブックには載らないような場所に行く良い機会です165.png

<Port Lands>
〜TTCでの会場までの行き方〜
西から:KingまたはSt. Andrewから172B Cherry Stのバスに乗車し、Commissioners Stで下車してください。
東から:Pape駅より72Cに乗車し、Cerry and Commissioners Stで下車してください。
※昨年はハーバーフロントからNXNE Port Landsまでの無料シャトルボートが出ていたそうですが、今年の情報はNXNEの最新情報をご確認ください。
c0180853_06431904.jpg


2016年からは設置されることになったメイン会場です。
国内外のバンドのライブを観ることができる他、スタンドアップコメディーのテントや出店などもあり大変盛り上がります。
チケットは1日券と全日通し券があります。詳しくこちらのWebサイトの"Tickets"をご覧ください!

以上、NXNEのご紹介でした!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
by educationprime2 | 2017-06-14 11:38 | +トロントイベント情報
トロントで毎年開催しているLuminatoというアートイベントが今年は6月14日〜25日の間開催されます。
本日はその情報をご紹介したいと思います!

アートのことがよくわからなくてもとりあえずダウンタウンへGO!


期間中はトロント市内各所でイベントや展示が行われます。
チケットの購入が必要なイベントもありますが、無料のイベントも多くありますので、
こちらから気になるものをチェックしてみてください:Luminato Events

筆者が個人的に面白そうだと思ったのは6月23日に行われるアイススケートイベントです。
詳細はこちら:DJ Skate Party ※無料ですがチケットの取得が必要です



フィギュアスケートとダンス/音楽の融合というイベントで、
初心者からプロレベルのスケーターまで誰でも参加できるというものです。
モントリオールのLe Patin Libreというフィジュアスケーターとサウンドデザイナー/パフォーマーの集団が主催します。
スケート靴の貸出もあるようです。

有名アーティストのイベントを格安で見ることができる!


主な会場はDavid Pecaut Squareという、ダウンタウンのSimcoe street x King Street近くに位置する場所に設置される、「The Famous Spiegeltent」という1920年代から各国の都市を移動している移動型パビリオンです。

c0180853_05105808.jpg

こちらへのアクセスはテントパスが必要で、一人につき5つのイベントを見ることができるチケットが$75で売り出されています。



詳細な情報はこちらでご確認下さい:Tent Pass Info
テント内で開催される各イベントの内容はこちらでご確認ください:The Famous Spiegetent Events

昨年話題になったもの

去年このLuminato期間中に行われたイベントの一つがYoutubeで574万回以上再生されているので、こちらにご紹介します!

Daveed GoldmanさんとNobu Adilmanさんの二人が2011年に立ち上げ、毎週2回開催されているというChoir! Choir! Choir!という合唱イベントの一貫として、1500人を動員して歌ったものです。


たくさんの人が参加すると、それだけでパワーが生まれる感じがしますね。

まとめ

以上、Luminatoに関する簡単なご紹介でした!
夜間は寒いかもしれませんので、暖かくしてしてお出かけくださいね!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
by educationprime2 | 2017-06-07 07:00 | +トロントイベント情報