Education Prime 留学カウンセラー日記 edprime2.exblog.jp

みなさんこんにちは!

いよいよPride Parade6月25日に迫っています!!
c0180853_07073674.jpg
Photo by blogTO

Pride Paradeとは、毎年行われている性的マイノリティであるLGBTQのPride(自分達の性に自信を持つこと)を祝うパレードのことです。

トロントでは同性の婚姻も認められていることから、性的マイノリティの方々に優しい街として世界的にも知られていますが、それでもここに至るまでに長い歴史がありました。

そして今年のパレードはいつもと異なります。それは、「制服を来た警察官の姿が無いこと」です。

<なぜ今年は制服の警官がパレードにいないのか?>

昨年のプライド・パレードにおいて、Black Lives Matterという、黒人に対する暴力や差別を無くそうとしている団体による抗議があり、これを発端として最終的にPride側が2017年度のパレードから警察官の参加を禁止することに同意したためです。

トロントのPrideは既に広く一般的な行事になってしまっていたため、一般の人からは警察のパレードへの参加禁止について、「Black Lives MatterとPrideは関係無い」や、「LTBTQに属する警察の人が可哀想」などといった意見もあったようですが、LGBTQ社会の中では好意的な意見が大半であったようです。

これは、トロントにおいてPrideが盛り上がりを見せるようになったきかっけが1980年代の警察による弾圧であったことを考えると、全く不思議なことではないことがわかります。

そもそも警察が制服を着て一緒にパレードに笑顔で参加していること自体に疑問を抱いていた参加者も多かったはずです。

そこにきて、現在もまだ頻繁に警察による差別的扱いを受けている黒人社会と自分達を重ね、制服警官が少数派である自分達の近くにいるということの不快さを思い出すのは当然です。

確かに実際にLGBTQに属している警察の方でまじめに仕事をしている方にとっては、パレードに参加できないことは残念なことだと思いますし、警察の人が全て差別的だと誤解するのはいけません。

しかし、制服を着た警官というのが弾圧の象徴となってしまうのは仕方のないことなのです。

そして、現在も差別を受けているマイノリティがいるのに、Pride側がこれを単純に無視できるわけがありません。

<マイノリティや差別を考える良い機会に>

単純に「現地のお祭り」ということで楽しむのももちろん良いとは思いますが、折角なのでイベントの意義を考える機会とするのも、海外留学の醍醐味だと思います。

日本の現状はどうでしょうか?「文化が違う」「法律が違う」で片付けてしまって良い問題でしょうか?
また、北米と全く違う形ですが、日本にも人種差別問題はありますね。あまり話題にもなりませんが、大丈夫なのでしょうか?

こうした問題以外にも、カナダではよく話題になっても日本のメディアでは絶対に取り上げられない、というものは沢山あります。

政治問題はデリケートなので人と話すのは難しいかもしれませんが、調べ物をする感覚で英語の記事を読むと語彙力も上がりますので、是非沢山の記事を読んで、現地で起きている問題や話題などについても考えてみましょう!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-06-22 07:09 | +トロントイベント情報
音楽とアート(含、ゲーム!)の祭典、NXNE(North by Northeast)をご紹介します!

期間は6月16日〜25日で、3部に分かれており、それぞれチケットが違います。
それぞれの情報は以下のリンクをご覧ください!

6月16日〜18日:Game Land(3日間のゲームイベント)※チケット不要ですが、対戦イベントに参加されるかたは登録が必要
6月19日〜22日:Club Land(キュレーターチョイスのインディーズバンドライブ)
6月23日〜25日:Port Lands(メイン会場でのライブイベント)

<Game Land>
会場:Yonge&Dundas Square
c0180853_06273859.jpg
こちらはフリーイベントです!ゲーム好きの方は地元のゲーマーに出会うチャンスです106.png
ダンダススクエアですので、気軽に見に行けますね169.png

なお、Super Smash BrosとStreet Fighter V のトーナメント戦は一般の方も参加できるそうですが、登録が必要です。
参加希望の方はGame Landのページ内、"Registration"からご登録ください($10かかるようです)。

<Club Land>
会場:複数あり
c0180853_06565452.png
Club Landでは10組のキュレーターが自身やイチオシのインディーズバンド/アーティストを集めて各会場でライブを行います。
リストバンド($20)をClub Landのチケット販売ページから購入すれば10のショー全てを出入り自由で観ることができます!

2016年にメイン会場であるPort Landsが導入される以前、NXNEはこの方式のみでした。
色々なライブハウスやステージのあるバーなどに行くことができるので、ガイドブックには載らないような場所に行く良い機会です165.png

<Port Lands>
〜TTCでの会場までの行き方〜
西から:KingまたはSt. Andrewから172B Cherry Stのバスに乗車し、Commissioners Stで下車してください。
東から:Pape駅より72Cに乗車し、Cerry and Commissioners Stで下車してください。
※昨年はハーバーフロントからNXNE Port Landsまでの無料シャトルボートが出ていたそうですが、今年の情報はNXNEの最新情報をご確認ください。
c0180853_06431904.jpg


2016年からは設置されることになったメイン会場です。
国内外のバンドのライブを観ることができる他、スタンドアップコメディーのテントや出店などもあり大変盛り上がります。
チケットは1日券と全日通し券があります。詳しくこちらのWebサイトの"Tickets"をご覧ください!

以上、NXNEのご紹介でした!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-06-14 11:38 | +トロントイベント情報
トロントで毎年開催しているLuminatoというアートイベントが今年は6月14日〜25日の間開催されます。
本日はその情報をご紹介したいと思います!

アートのことがよくわからなくてもとりあえずダウンタウンへGO!


期間中はトロント市内各所でイベントや展示が行われます。
チケットの購入が必要なイベントもありますが、無料のイベントも多くありますので、
こちらから気になるものをチェックしてみてください:Luminato Events

筆者が個人的に面白そうだと思ったのは6月23日に行われるアイススケートイベントです。
詳細はこちら:DJ Skate Party ※無料ですがチケットの取得が必要です



フィギュアスケートとダンス/音楽の融合というイベントで、
初心者からプロレベルのスケーターまで誰でも参加できるというものです。
モントリオールのLe Patin Libreというフィジュアスケーターとサウンドデザイナー/パフォーマーの集団が主催します。
スケート靴の貸出もあるようです。

有名アーティストのイベントを格安で見ることができる!


主な会場はDavid Pecaut Squareという、ダウンタウンのSimcoe street x King Street近くに位置する場所に設置される、「The Famous Spiegeltent」という1920年代から各国の都市を移動している移動型パビリオンです。

c0180853_05105808.jpg

こちらへのアクセスはテントパスが必要で、一人につき5つのイベントを見ることができるチケットが$75で売り出されています。



詳細な情報はこちらでご確認下さい:Tent Pass Info
テント内で開催される各イベントの内容はこちらでご確認ください:The Famous Spiegetent Events

昨年話題になったもの

去年このLuminato期間中に行われたイベントの一つがYoutubeで574万回以上再生されているので、こちらにご紹介します!

Daveed GoldmanさんとNobu Adilmanさんの二人が2011年に立ち上げ、毎週2回開催されているというChoir! Choir! Choir!という合唱イベントの一貫として、1500人を動員して歌ったものです。


たくさんの人が参加すると、それだけでパワーが生まれる感じがしますね。

まとめ

以上、Luminatoに関する簡単なご紹介でした!
夜間は寒いかもしれませんので、暖かくしてしてお出かけくださいね!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-06-07 07:00 | +トロントイベント情報
留学をするならトロントが今最もアツい!それはなぜなのか、ご説明致します!!

アメリカにも広まった“The Six”


ニューヨークの人に「トロントから来た」と言うと、
「The Sixだね!」という感じで、特にミレニアル世代にあたる20代〜30代の中にはトロントを知っている人がかなりいます。
※The Six というのはトロントを代表する音楽アーティストのDrakeが流行らせたトロントの代名詞で、エリアコードが416と647でどちらにも6が入ることから来ていますが、もともとはトロントが6つの異なる市が統合されてできたことからこのように呼ばれるようになったそうです。

筆者はトロントと関わりだしてからもう10年目なのですが、10年前とは完全に時代が変わったように感じます。

有名な雑誌や新聞などでもトロントの紹介が見られるようになり、「ニューヨークは高いからトロントにしよう」という安易な理由でやってきた当時の私に知らせてあげたい気持ちです。

これはひとえに、Drakeを始めとするアーティストたちのお陰でしょう。

DrakeとThe Weeknd
c0180853_12020793.jpg
DrakeやThe Weekndを聞いている人達は実際にかなりいますので、ご存知ない方は名前だけでも知っておいてください!

特にDrakeはつい先日Billboard Hot 100に8年連続で入り続けるという偉業を成し遂げたばかりの、名実ともに世界No.1のアーティストです。

DrakeのViewsというアルバムのカバーはCNタワーでした
c0180853_12132349.jpg

そして彼ら音楽アーティストの活動に加え、現在のカナダの首相である、日本でもイケメン首相と名高いJustin Trudeauの存在も追い風となり、カナダ国外におけるカナダ、およびトロントの「coolな場所である」というイメージはここ2,3年でかなり強くなってきたように感じます。

靴下すらオシャレなJustin Trudeau
c0180853_12081929.jpg

学んで良し、住んで良しのトロント

国外の人がトロントを知るようになるにつれ、地元の人々がトロントに住んでいることを誇りに思う気持ちも、未だかつて無く強くなってきていると感じます。

こんな盛り上がりを肌で感じられる機会はなかなかないので、かつてトロントに留学されていた方も、今いらっしゃる方も、そしてこれからいらっしゃる方も、是非これにあやかってトロントを選んだことを誇りに思って頂きたいと思います!

そしてこれが最も大切なポイントですが、

カナダが留学先として人気であるのは今に始まったことではないため、歴史のある、質の良い学校が沢山あるのが特徴です。

ビザ無しで半年間滞在でき、その間学校に行って学べるというのも大きな利点ですね。

現地の語学学校では現地のポップカルチャー(大衆文化)についても教えてくれますので、ワーキングホリデーで入国する場合も、学校で地元の知識を得てから仕事を始める方が地元の人々に早く馴染むことができます。

c0180853_12301915.jpg
まとめ

しっかりと英語が学べる上に、躍動的な地元の空気に触れることができる今こそ、トロント留学に最適な時代です!
もう留学を終えてしまった!という方も、是非また遊びにいらしてくださいね♪

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-05-31 12:00
みなさんこんにちは!

本日は昨日地元でニュースになっていたHonest Ed'sの看板撤去についてです134.png

トロントで留学中の方、留学していた方にはお馴染みのバサースト駅近くに長年あったHonest Ed'sですが、惜しまれながら昨年12月末をもって68年の営業を終了しました。

このお店はBloorストリートとBathurstストリートの西南を占拠していたため、その大きな看板が交差点のシンボルとなっており、トロントが紹介されるときには必ず出てくるような街の象徴的存在でした。

夜はこんな感じでギラギラでした114.png
c0180853_02375302.jpg
その看板が昨日までは残されていたのですが、ついに撤去作業が始まってしまいました145.png

Honest Ed'sがどのようなお店だったかというと、日本で言うとドン・キホーテのような、何でも売っている大型ディスカウントストアでした。

ビジネスマンであり、慈善化であり、演劇興行主でもあったEd Mirvish氏が1948年にオープンし、徐々に店舗面積を広げ、1984年に現在の形になたったそうです。

このため、店内は建物と建物が宙に浮く廊下でつながっていたり、色んな所に段差があったりと、宝探しをするような感覚で買い物を楽しめる場所でした(そして安い!)。

Ed Mirvish氏の名前はYongeストリートにあるシアターにありますね。
c0180853_03015538.jpg

毎年クリスマス前にターキーの無料配布をしたり、Ed Mirvish氏自身が主催するお誕生日会や店舗の開店日祝いなど、イベントの度に敷地内に出店が並び、景品を配ったり風船を配ったりなどして、トロントに住む家族を楽しませて来ました。

最後のチラシなんかを見てしまうと楽しい雰囲気が伝わって、本当に悲しくなります。。。

また、1960年代に移民してきた人達は資産を持ち込むことが許されていなかったそうで、その苦しい生活を支える場所でもあったようです。

トロントでも特にこのエリアはこのお店のお陰で発展してきたという歴史があるので、とても大きな意味をもつお店でした。

手書きのポップ!これもしばらく前に売りに出されていました。
c0180853_03292066.jpg

しかしながら、今後この敷地を利用して再開発がなされるということなので、期待したいと思います!

また、看板の一部もEd Mirvishシアターの上に飾られるという話もあるようです。
何らかの形で残ってくれたら良いなと思います110.png


by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-05-25 03:39 | +カナダ生活お役立ち情報
週末にScarborough Bluffs 公園に行ってきました♪

トロントにこんなに綺麗な場所があったの?!と私にとっては大発見でした・・・‼笑
犬の散歩をしている人、ランニングをしている人、ピクニックをしている人などがたくさんいて、みんな春の訪れを楽しんでいるようでしたよ^^

c0180853_49358.jpg

気になるアクセスですが・・・
Scarborough Bluffs ParkまではVictoria Park駅から12番バスに乗り20分、さらに10分程歩くと到着します。
Google Mapで『Scarborough Bluffs Park』と検索するとすぐに道順が出てきますよ!
入場料ももちろん無料です。

そしてScarborough Bluffs Parkの名物は何といってもこの崖・・・‼
※崖は英語で『Bluff』と言います!
てっぺんから下をのぞくとなかなかのスリルでした・・・‼

c0180853_4113749.jpg


崖ギリギリのところまで行って写真撮影をしている人もたくさん見かけましたが、皆さん写真を撮る際は十分気を付けて下さいね‼

崖を十分に堪能したら、次は崖の下に見える公園に移動です↓

c0180853_4124686.jpg


公園までの道のりはハイキング道のようになっていて、歩いているだけでとても気持ちがいいです✨
公園に到着したところで持って来ていた飲み物とポテトサラダ、フルーツを食べながら休憩☆
やはり外で食べると味が格別ですね✨

新鮮な空気と風を感じ、大満足の休日でした。皆さんもぜひお天気のいい日に行ってみて下さいね‼

その他情報はこちら↓↓
Scarborough Bluffs Park
http://www1.toronto.ca/parks/prd/facilities/complex/2/



Hiroko



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-04-26 05:00 | +トロント(近郊)観光スポット
c0180853_03482285.jpg
みなさんこんにちは!

今年もCanada's Wonderlandのオープンが間近に迫ってまいりました!!

<Canada's Wonderlandって何??>

夏〜秋期限定でオープンするトロント随一の遊園地です!
ジェットコースターなどの乗り物があるパークに加え、ウォーターパークも充実!!一日中いても飽きません110.png

オープンは4月30日!!

ですが、シーズンパスホルダー限定の内覧会が4月28日にあります(下記参照)!

<シーズンパスは買ったほうが良いの??>
c0180853_03485542.png

はい、購入された方が確実にお得です。
というのも、Canada's Wonderlandのチケットの価格設定は、東京ディズニーランドなどに比べるとちょっと異常なのです。。。

一日パス通常価格→$63.99
シーズンパス→$69.99

なんと、$6増しでシーズンパスが買えてしまいます!!
ですので、「絶対に1回しか行かない!!」という方以外は、シーズンパスを買ったほうが確実にお得です。


<シーズンパスホルダー限定イベントとは?>

c0180853_04213601.png
4月28日(金)18:00〜22:00
シーズンパスホルダー限定の内覧会があります!!

そして、何とこの日はシーズンパスホルダーのお友達も$15.99で入場できてしまいます!(一緒に行った場合限定)

一日パスの通常価格が$64ですから、これはかなりお買い得ですよ!!

<期間限定の安い一日パスもある!!>

現在、オープン日から5月31日までの一日のみ有効のチケットが$29.99で売られています!
また、今シーズン内のどの日でも一日有効な前売りチケットは$39.99で売られています。

オープン後ですと一日チケットが高くなりますので、
行く可能性のある方は今購入しておくことをお勧めします!

この他にも団体割引などありますので、公式ページでチェックしてみてくださいね☆

一日券販売ページ(公式) ※オープン後は価格が変更されます


トロントでは多くの若者や家族連れ毎年行く遊園地です!
せっかくのトロント滞在、現地の人と一緒に夏をお得に満喫しましょう169.png

なお、詐欺サイトが横行しているということですので、
各種チケットのご購入は必ず公式ページから行ってくださいね!!

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-04-19 04:50 | +カナダ生活お役立ち情報

トロント桜開花予想!!

こんにちは!日本では桜が満開だというニュースを耳にしました179.png

いいですね、こういう時は帰国してお花見がしたくなります145.png

しかし!

トロントでも桜を楽しむことができるのです!!

トロントで桜を見られる場所は?


有名なのはハイパーク(High Park)という大きな公園で、毎年お花見を楽しむ人が増え、今ではトロントの春の風物詩となっています110.png
c0180853_10311969.jpg
上の写真は私がハイパークで撮影したものです!

場所はこちら(地図が開きます)
地下鉄TTCでは緑のBloorラインのHigh Parkという駅で下車してください。

なお、座ってのお花見は難しいかもしれませんが、
トロント大学の敷地内にも桜が植わっているところがあり、まだ細いですがちゃんと咲きますので、桜はそちらでも見られます179.png


今年の開花予想は!?


さて、肝心の開花予想ですが、
トロントでは有名な三浦信義さん(Nobbyさん)が毎年出していらっしゃる開花予想がありますので、ご紹介します!
この方は桜の専門家ではないということですが、的中率が非常に高いので、是非ご参考ください☆

Nobbyさんの投稿はこちら

これによりますと、現在の予想では

”開花は4月20日から24日の間、満開は4月27日から5月1日の間”

だということです!!


4月11日にまた開花予想を発表されるということなので、
トロントでお花見の計画をされている方は以下の掲示板でチェックしてくださいね!



去年は天候が悪くきちんと咲きませんでしたので、
今年は満開の桜が見られることを祈りましょう!!



by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-04-04 10:17 | +カナダ生活お役立ち情報

c0180853_04025655.png

カナダを横断している鉄道会社のVIA Rail Canadaが、この度カナダ建国150周年を記念して

CANADA 150 YOUTH PASS

という、ユース向けの定額乗車券を発売しました!


7月1日が建国記念日のCanada Dayだということで、

なんと7月中はこのパスでカナダ国内乗り放題

となっております。


チケットの内容は以下の通りです!


対象年齢:12歳〜25歳

対象区間:カナダ国内の全区間(以下の地図を参照ください)

予約可能クラス:エコノミーのみ。オンライン予約の場合はEscape fareを指定してください。

使用可能期間:2017年7月1日〜7月31日


地図

c0180853_04241261.jpg


なお、チケットはウェブサイトで購入できますが、

現地時間の3月29日現在、購入希望者が殺到していて予約システムがダウンしております143.png

さすがカナダ。。。


ウェブサイトがダウンしているので通常価格が調べにくいのですが、

2016年はオフピークシーズンでも

トロント〜バンクーバー間は片道$397(税抜き)

だったということなので、$150で乗り放題というのはかなりお買い得です!


列車の旅をご検討の方は是非毎日VIARailのウェブサイトをチェックしてくださいね!


by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-03-30 07:00 | +トラベル情報・旅行記
こんにちは!
本日はカナダ留学中に楽しめるおやつ3選 111.pngということで、
筆者の独断と偏見で選んだ3つをご紹介致します!

Miss Vickie’sのポテトチップス

商品紹介ページ(外部リンク)
c0180853_11535662.png
カナダ限定のポテトチップスといえばケチャップ味やall dressed味のものが有名ですが、
ここではあえてこちらのブランドをご紹介します。

筆者は個人的に日本のカルビーの「堅揚げポテト」が好きなのですが、
Miss Vickie’sのポテトチップスも堅めで、バリバリとした食感が良い感じの一品です。

こちらはカナダのブランドなので、お土産などにもおすすめです!(割れないように注意が必要ですが!)

Cadburyのチョコレート(パチパチあめ入り)

商品紹介ページ(外部リンク)
c0180853_11542317.png
一時期EPオフィス内で流行していたもので、チョコレートにパチパチあめが入っているという代物です。
なめらかなチョコレートの舌触りとパチパチの組み合わせが、かなりやみつきになります!!

ちなみにCadburyはイギリスのブランドなのですが、アメリカでは商業輸入が禁止になっているので売っていません。Cadburyブランドのチョコレートはどこでも買える上にどれも美味しいのでオススメです。

この他にもCoffee Crispや日本にはあるAeroなど、カナダにあってアメリカにないお菓子が時々ありますので、カナダにいる間に試してみてくださいね!

Kozy Shackのチョコレートプディング


c0180853_11541533.png
チョコレートが続いて申し訳ないのですが、日本で見かけないものなのでご紹介します。
これはアメリカのものだと思われますが、カナダのスーパーでも売っています。

北米では「プリン」の概念が日本と違って、こうしたクリーム状のものを指しますが、
中でもこのチョコレートプディングは絶品です!!

冷蔵庫で保管するのでひんやりとしていて、味は甘すぎず、しかし濃厚。非常になめらかな食感です。

食後のデザートにオススメの一品です♪

まとめ
以上、筆者オススメのおやつ3選でした!
気に入って頂けるものがあったら嬉しいです113.png

by Kanako



c0180853_05391828.jpg






[PR]
# by educationprime2 | 2017-03-29 06:00 | +おすすめショップ・グルメ情報